経済 センサス。 【経済センサス】黄色い封筒が来た人集合【義務?放置OK?】

調査の概要|経済センサス

センサス 経済

😃 国民経済計算や産業連関表の基礎資料を得るため、原則として全産業をカバーする一次統計の情報の整備をします。

17

経済センサス‐活動調査

センサス 経済

👍 ) 主な調査事項 (1)甲調査 国及び地方公共団体の事業所以外の事業所に対する調査 《基礎項目 》 名称及び電話番号、所在地,経営組織、従業者数、主な事業の内容 など 《経理項目 》 資本金等の額及び外国資本比率、売上(収入)金額、費用総額及び費用項目、事業別売上(収入)金額など (2)乙調査 国及び地方公共団体の事業所に対する調査 《基礎項目 》 名称、所在地、職員数、主な事業の内容 調査の方法 (1)甲調査 【調査員調査】 都道府県知事が任命する調査員が事業所に調査票を配布し、インターネットによる回答又は記入済み調査票を回収する方法により行います。

3

経済センサス‐基礎調査 平成26年経済センサス‐基礎調査

センサス 経済

☢ また、国民経済に占める割合が高くなっているサービス分野の統計が不足しており、GDPを推計するための基礎統計として、 全産業をカバーする一次統計の情報を整備することが必要であったことから、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2005」(いわゆる「骨太の方針」) (平成17年6月21日閣議決定)において経済活動を同一時点で網羅的に把握する経済センサスの実施が提言されました。 第3回目の経済センサス-活動調査は令和3年6月に実施します。

経済センサスとは

センサス 経済

👇 株式会社三菱総合研究所(令和3年経済センサス-活動調査実施事務局)• 調査結果から何がわかるの?. 黄色い封筒にまずは疑った方も多いだろう。

12

経済センサスとは?|経済センサス‐活動調査キャンペーンサイト

センサス 経済

⚒ 国の事業所には総務省が、都道府県の事業所には都道府県が、市町村の事業所には市町村が、電子メールにより「調査票(乙)」を事業所ごとに配布します。 経済構造実態調査、工業統計調査とともに基幹統計の経済構造統計を構成している。 それに伴い「事業所・企業統計調査」・「サービス業基本調査」・「本邦鉱業のすう勢調査」は廃止、「平成21年商業統計調査」・「平成23年工業統計調査」・「平成23年特定サービス産業実態調査」は中止となった。

6

統計局ホームページ/経済センサス

センサス 経済

🤔 なお、これ先立ち、支社等を有する企業の皆様には、『企業構造の事前確認票』を郵送し、本調査における回答方法、令和3年6月1日時点の企業の支社等の新設・廃止の状況や事業内容等を確認 させていただきます。 確認票には、過去に実施した統計調査の情報等を基に支社の名称、所在地等の情報が印字されておりますので、その内容を確認・修正していただき、調査票の回答方法(オンラインまたは郵送)をご回答ください。 調査の沿革 これまで、我が国の産業を対象とする大規模統計調査は、産業分野ごとに、各府省によりそれぞれ異なる年次及び周期で実施されてきました。