京都 大学 コロナ 教授。 【特集】新型コロナを『ダチョウ』で撃退?!25年間ダチョウと暮らす教授が語る「ポテンシャル」とは

京都大学こころの未來研究センター 広井良典教授 地方分散型システムへの移行と「生命」の時代(上)【負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして】|負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして|特集|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

教授 コロナ 京都 大学

🙃 〈外出中は手で目を触らない、鼻を手でさわるな、ましてや鼻くそはほじらない。 現実的にも、感染は繰り返されていると上久保さんは指摘する。

11

藤井聡京都大学教授のおかしな新型コロナウィルスのデーター|太郎の壺

教授 コロナ 京都 大学

🤐 コロナウィルスに感染し、抗体ができても、有効期間は半年~1年です。 タバコはこれを機にやめろ〉 宮沢さんは、進化の過程でヒトの遺伝子に組み込まれた「レトロウイルス」などを研究してきた。

11

「とっとと感染しちまえ」 京大准教授、ツイートの思い [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

教授 コロナ 京都 大学

☏ 上久保教授は6月に安倍総理と直接会って 持論をじっくり説明したのだとか… これ聞いて、率直に思ったのは 安倍総理と仲が良いってことは 政府の対策を擁護してる… 可能性はないですか? 上久保教授の説によると… 初期段階で中国からの入国を制限しなかったことで 集団免疫を獲得できたという考えのようですが… これって、 政府の初期対応に批判が集まってたから この批判を交わすのが目的なんじゃないの? 日本人が集団免疫を獲得しているなら 自粛の必要もないわけですし 経済は早く回復するでしょう… ここが、本当の目的なの? と、ちょっと疑ってしまいました。 すなわち一見すると、「情報」に関するテクノロジーは現在爆発的に拡大しているように見えるが、その原理は上記のように20世紀半ばに確立したものであり、それは既に技術的応用と社会的普及の成熟期に入ろうとしている。 ウイルスは検知されたけれど、免疫を持っているからほとんど症状が出ないということ。

1

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

教授 コロナ 京都 大学

📲 実際、私たちの共同研究チームが10~80代のボランティア約370人の抗体検査をしたところ、全員が新型コロナのIgGを持っていた。 およそ学者らしからぬ言葉遣いの裏には、若者にもわかりやすく情報を届けたいという切実な思いがあった。

15

上久保靖彦教授の経歴は?コロナ集団免疫獲得説を信じていいの?

教授 コロナ 京都 大学

😇 感染を抑えながら社会経済を動かすという非常に難しいかじ取りが求められています。 」(塚本康浩教授) 通常のマスクだと感染を予防する効果は限定的ですが、ダチョウの抗体を染み込ませることで、ウイルスを遮断して予防効果が増すことが期待できると言います。

8

京大教授「日本人はコロナを克服。年末に終焉」説の論拠(NEWS ポストセブン)

教授 コロナ 京都 大学

📞 これも民主主義のコストだと考えると、僕たちは今回の流行を通じて、民主主義社会として成熟するプロセスをたどらされているのかもしれません。 17・新型コロナ対策として「ロックダウン(都市封鎖)」は効果がない。