わざと 見せ てる かも いさん - 聖☆おにいさん

いさん てる わざと 見せ かも 任天堂はE3でWiiの何を見せ、何を隠したか?

いさん てる わざと 見せ かも 【闇深】和歌山毒物カレー事件『冤罪説』犯人は本当に林真須美なのか?「真犯人は別にいます。金にならない殺人はしない」

いさん てる わざと 見せ かも 艦これ がんばれ鯉住くん

傷付けずに教える、上手い言い回し

いさん てる わざと 見せ かも 聖☆おにいさん

いさん てる わざと 見せ かも 傷付けずに教える、上手い言い回し

いさん てる わざと 見せ かも 熊本弁一覧表(熊本の方言)

いさん てる わざと 見せ かも 【闇深】和歌山毒物カレー事件『冤罪説』犯人は本当に林真須美なのか?「真犯人は別にいます。金にならない殺人はしない」

いさん てる わざと 見せ かも 艦これ がんばれ鯉住くん

傷付けずに教える、上手い言い回し

いさん てる わざと 見せ かも 【闇深】和歌山毒物カレー事件『冤罪説』犯人は本当に林真須美なのか?「真犯人は別にいます。金にならない殺人はしない」

熊本弁一覧表(熊本の方言)

いさん てる わざと 見せ かも 任天堂はE3でWiiの何を見せ、何を隠したか?

そぎゃんコウダイカつバ(そんなに貴重で希少で高価なものを) 高大か(?) こ こうとか 地味,パッとしない 年令に対し地味なさま。 「オルゲント(私の家の物)」とは,まるでドイツ語? け げーら 蛙(かえる) 「ゲーラ」鳴き声からか。 動詞はアオス あ あおたるる 顔色が悪い(青い) 朝ッパチかる青タレチ どぎゃんシタと(朝っぱらから顔色が悪いぞ どうしたの) あ あかか 赤い/明るい アカカつバはいよ(赤いのを下さい) もうアカカばい(もう明るくなったよ) 「アコなった」は「赤く」や「明るく」に あ あかちゃかべっちゃか 赤んべ,拒否・軽蔑(べつ)の意 瞼(まぶた)の下を引き下げて赤目を見せる動作。 シャンムリ行かんとイカントな(どうしても行かねばならないの) シャルモッデンとも し しゅい しよう(誘いの言葉) 誘いかけの言葉。 コン飯ゃネチャットしとるバイ(この飯はべちゃっとしているよ) ね ねばなっと(納豆) 納豆,糸引き納豆 ネバネバと粘り気のある糸を引くことからの名前。 空っぽの釜を空焚きして釜を割った(壊した)というのが由来,貧乏して炊く米も無くなったこと た たくる 強意の助動詞 動詞の後について,強調・連続等の意味を付加。 オヒメサンのデケタごたる(ものもらいができたようだ) インノクソとも お おむか 重い こらオムカ,ヒトッじゃ抱えキランばい(これは重い,一人では抱え切れないよ) オモカとも お おもさん 思う存分,たくさん オモサン 食べちハイヨ(思う存分食べて下さい) 「思うしこ」「思う様」から(?)「重さん」じゃないよ お おゆる 生える/植える 草ンいっぴゃオエとる(草がいっぱい生えている) 松ばオエたバイ(松を植えたよ) お おらす 居られる 一般的には敬意が低いようだが,敬意を高くみる地域も 「先生がオラシタ」は使えない地域が多い お おる 私(男)/居る オルがオルばってんダルモこん(私が居るけど誰も来ない) 居るの敬語「オンナハル」の短縮形疑問文「オンナッカ?」が「女か?」と笑い話にも(投稿) オンナサルカは「女猿か」 お おるげんと 私の家の,我が家の オル(私)+ゲ(の家)+ント(の物)ですが,外国語みたい (投稿) 「あなたの家の」はアタゲントやワルゲント お おろ 少し,完全でない オロ痛うなった(少し痛みが減った),オロ甘か(余り甘くない) 「少しは」という意味を付加する半否定かつ半肯定の接頭語 お おろよか 良くない,新しくはない こらオロヨカばい(これはあまり良くないよ}「オロ」は少量の良さを付加。 井川という井戸替わりの用水路的な物が昔あったとも(投稿) い いきなりだご 熊本名物のサツマイモ団子 生のサツマイモ(カライモ)を輪切りにし,イキナリ(そのまま,直に)小麦粉で包んで蒸した団子,最近はサツマイモと小豆あんを挟んだものも。 新しカツばノウナラカシタばい(新品をなくしたよ) の のうなる 無くなる,亡くなる 「なくなる」が音変化? 紛失・費消ともに使用。 他にも鳴き声からヅクッショ,ツクンショ等いろいろ,共通語のツクツクボーシも つ つくれん つまらない,始末に困る なんとんツクレンこつタイ(何ともばかげたことですよ) ツクレン(繕いができない?) つ つけあげ 天ぷら,さつま揚げ こんツケアゲはウマカ!どっかるコウチきたト(この天ぷらはうまい!どこから買ってきたの) ツキアゲとも つ つけあみ 小エビ(アミ)の塩漬け ツケアミのアットしゃが飯ノいくるバイタ(小エビの塩漬けがあればご飯がすすみますよ) つ つこかす 落す,倒す ツコカサンごつシテはいよ(落さないようにして下さい) コカス,ツッコカス,チャイカス,ヒッチャイカスとも つ つこくる 転ぶ,落ちる,倒れる ソギャンこつバ しよっと ツコクルばい(そんな事していると転ぶよ),ツコカス,ツッコクル,ツッコケルなども つ つっかぐ (思わず)欠いでしまう 鉛筆ばツッカイヂしもうたバイ(鉛筆をつい折ってしまったよ) ツンカグとも つ つっきる (手で引っ張って)切る 長いものを手で引っ張って切る場合に用いることが多く,刃物で切るときには使わない つ つっくぁんぐる 抜け落ちる 金槌の柄(え)んツックァンゲタ(金槌の柄が抜けた) 下駄んツックァンゲタ(下駄が抜けた) ツッカングルとも つ つっくざす 壊(こわ)す 新品テカラン もうツックザシとる(新品なのに もう壊してる) ツンクザスとも つ つっこけまんこけ 転げ落ちながら 蹴つまづきながら。 名詞形が「セカラッサ」,強調して「セカラッサー」とも (投稿) せ せかる 閉まる 窓んセカッとらんバイ(窓が閉まってないよ),門なセカッとったバイ(門は閉まっていたよ) せ せく 閉める/痛い アトゼキばシナッセ(ドアや障子など,明けた後は閉めなさい) 腹んセクばい(腹・胃が痛いよ) せ せく 急ぐ/混雑する そぎゃんセカセンデはいよ(そんなに急がせないで下さい) 今日はセートッど(今日は混雑しているだろう) せ せせり ぶよ,ぶゆ 数ミリほどの小さな昆虫で人や動物に食い付いて血を吸うこともある せ せせる 触(さわ)る,いじる 汚ルルけんセセランデはいよ(汚れるから触らないで下さい) セセグル,セセクリマワスとも せ せっきる 閉め切る,塞き止める 閉め切って流れを塞き止めること。 ソラ こっちゃんナンギャッテはいよ(それはこっちへ投げやって下さい) な なんごつ 何事 ナンゴツナ(何事ですか) ナニゴトが音便化してナンゴツに。 朝鮮語ではkom,関連は? 黄白の横縞入りをシマコブと こ こぶる かじる,しゃぶる 「齧(かぶ)る」の音変化。 天草名物 こ こづむ 積む,積み上げる 空箱バ いっぴゃコヅンどる(空箱をたくさん積み上げている)(投稿) 「小積む」か? こ ごてどん ご亭主,お婿さん ゴテードンガ グジャッペダルケン(婿殿が天然痘のあとが残っているので,民謡おてもやんの歌詞) ご亭殿 こ ことわる 謝る/許可を得る シカツ コトワリモ キラントカイ(ろくに謝りもできないのか) 共通語に無い謝るの意味も。 だるゲな(誰の家か)オルゲ(私の家)彦一ゲ(彦一の家) え えいとんち じゃんけんぽん じゃんけんぽんの時の掛け声,「えい!頓知」か? (投稿) え えーくそ 投げやりな気持ち 自分の思うようにならず,投げやりになった時に発する言葉 え えーくりゃー 酔(よ)っぱらい エークリャーはモドンナッセ(酔っぱらいはお帰り下さい) エークライ,エクライとも,動詞はエークラウ え えーころかげん 適当,いい加減 エーコロカゲンな話シャアせんでハイヨ(いい加減な話はしないで下さい) え えーささ しばらく,長い間 かなり,相当な時間という意味 エーササ会ウトランたい(長い間会ってないよ) エーサッサとも え えーしこ 適当な量/かなりの量 エーシコ持ってけ(適当な量を持って行け) エーシコかかろう(かなり必要だろう) ヨカシコとも え えーもさいさい どうにでもなれ エーモは「えーい もう」,サイサイは「~せよ,~しなさい」。 ソッデ良カデッシュカ(それで良いでしょうか) ソギャンデッシュガ・・・(そうでしょうが・・・) て ててんご 手遊び,手なぐさみ 授業中ばいた テテンゴはシナスナ(授業中ですよ 手遊びは止めなさい) (投稿) て でべそ 目立ちたがり屋,外出好き 家に居るより外出するのが好きな人。 別名「お姫さん」と上品に言うと治らず,「犬の糞」と言うと早く治るとの迷信も い いんま 今に,そのうち 「そぎゃん悪ごつばしよると,インマ罰かぶるばい」(そのように悪いことをしていると,そのうちに罰が当たるよ う うう 大きい,大,多い ウウアジ(大味),ウウザケノミ(大酒飲み),ウウバカモン(大馬鹿者),ウウバンギャ(大ざっぱ) う ううばんぎゃ 大ざっぱ,ルーズ アン人(しと)ハ ウウバンギャー バイタ(あの人はおおざっぱな人だよ) 大番外 う うしつる 捨てる,失くす (自分の意思で)捨てることをウシツル,ウシテルとも。 ホウ あっタイ(ほら あれだよ) そるがホ 昨日たいホウ ほ ほうがくもにゃあ とんでもない,突拍子もない ホウガモニャアこつば言わす(とんでもないことを言われる) トツケミニャアとも 「方角も無い?」 ほ ほうどる 這(は)っている,くっ付いてる ハム(這う)の進行形・完了形。 虫んホウドルばい(虫が這っているよ,「くっ付き動き回ってる」イメージ) ほ ぼうぶら 南瓜(かぼちゃ) ボウフラ(蚊の幼虫)ではない,細長いかぼちゃのこと。 コル,ソル,ドルも あ ある する,(具合で)ある どうアリますか,どうアラレますか(どうされましたか,どんな具合ですか) どぎゃんアット(どんな具合なの) あ あるかいた ありません/ありますか いつまっでちゃアルカイタ(いつまでもありません) まあだアルカイタ(まだありますか) 意味に注意! (投稿) あ あるしこ あるだけ全部 アルシコ持ってイキナッセ(あるだけ全部持って行きなさい) (投稿) あ あんじゃもん お兄さん アンジャモンなイサッカばい(お兄さんは元気がいいよ)敬意を込めるとアンジャヒト アネジョ(姉さん) あ あんパン あのパン アンは「あの」。 カチャリゴシ使いマッシュ(交互に使いましょう) カタリゴシ,カチャッポゴシも か かつ,がつ もの ウマカツ(美味しいもの,馬肉のカツレツじゃないよ),アタガツ(あなたの物)オルガツ(私の物) (投稿) か がつ だけ,分/もの その分だけ,それに値するだけ。 荷縄? に にえくりかやる 沸騰(ふっとう)する ヤカンなニエクリカヤッとるバイ(ヤカンは沸騰しているよ) (投稿) に におう (においを)かぐ 共通語の匂いを「感じる」以外に「嗅(か)ぐ」意味も。 形容詞はキナカ,キンナカ,キーンナカ,キーロカとも き ぎな ~そうだ,~とのこと 伝聞を意味する言葉で「あん人の言ったギナ」など,「ぎなぎなばなしはうそばなし」とも(投稿) 球磨弁? ゲナに近い? き きなっせ 来なさい/着なさい 「来ル」+「ナッセ」 こけキナッセ(ここに来なさい) コルばキナッセ(これを着なさい) き きのせく 心配だ,気が気でない キガセクやキンセクとも。 毎年加藤清正の命日(7月23日)に行われる大法要,浴衣姿と露店で賑わう夏祭り と どんどや どんど焼き,どんど 小正月の行事,正月飾りを焼く火祭り行事,最近では小正月前後の休日に行われるようだ な ね,の、は(助詞) 食うナ,飲まんナ,母ちゃんナ。 フトルも ふ ぶぶ 水や湯の幼児語 関西では湯や茶だが,熊本では水も。 ジュタジュタとも し じゅっくり びっしょり,ひどく濡れる 汗ジュックリ ナッタバイ(汗をびっしょりかいたよ) ジックリとも。 コッツァンとも こ ごっちん飯 芯がある(生煮え)ご飯 こん飯(めし)ゃゴッチン飯たい(この飯は芯があるご飯だよ) 単に「ゴッチン」とも こ ごっつぉ ご馳走(ちそう) ぎゃんゴッツォはハジメチ食うたばい(こんなご馳走は初めて食ったよ) こ ごっつんご 鉢(はち)合わせ アワテチ逃げらしたつバッテン門でゴッツンゴ(慌てて逃げられたのですが門で鉢合わせ) こ こってうし 牡(お)牛,強健な牛 特に大きな牡牛。 「ソ・ア・ド」が付いてソギャン,アギャン,ドギャン等も こ こくさん ここへ,ここに 普通「ここ」だが,助詞「サン」に続く時「コクサン」に。 1万円ばクヤシテくだはり(1万円をくずして細かくして下さい) く ぐらしか かわいそう,悲しい アギャンなっと グラシカなー(あんなになると かわいそうだ) グウラシカとも 語源は「業らしい」 く くらすみ(暗隅) (物陰の)暗がり クラスミにゃ 何カ隠レトルごたる(暗がりには何か隠れているようだ) マックラスミ(真っ暗闇)とも く ぐらりする がっかりする ホークスん負ケチ グラリシタばい(ホークスが負けてがっかりしたよ) グラッスルとも く くらわする 殴(なぐ)る クラスル,ウッタクル,ドヤス,ウチクラワスルとも クラワスルが音変化してコロス(殴る)に く くる 行く/(辞書などを)ひく 辞書ば繰リ そっちゃん来ルケン(辞書を引きにそっちの方に行くから) 話し相手の所に行く場合に使う。 ワッカシ(若い人),エラカシ(偉い人),アンシ(あの人) し しいとる (ずーっと)好き,好いている 好キタイ,好キバイにない微妙なニュアンスが,過去から未来まで続く長期の進行を付加(?) し しいら 空,はずれ 殻ばかりで実が入ってない籾(もみ),転じて中身が空の状態を言う。 子供の頃,わざとバッチョガサにして遊んだことも は はってきなはる 行ってしまわれる 買うちハッテキナハル(買ってお行きなさい) 「ハッテク」は「這って(腹這って)行く」と聞こえそうですね は はってく 行く,行ってしまう,亡くなる アッチさん ハッテカシタ(あちらへ行ってしまわれた) (投稿) 「行ってしまう」ことから「亡くなる」意味も は ばってん だけど,しかし 古語の接続語「ばとて」の変化。 たくさんの部分に切り離されて,バラバラになったさま ち ちんちく(沈竹) ホテイ(布袋)竹 昔は釣竿に用いられた,語源は重くて水に沈む竹ということから。 生の葉をもんで腫れ物に貼ったり,煎じて利尿剤や駆虫剤に と どけ どこへ ドケ行キナハリマスカ(どこへ行かれますか) ドコヘ dokoe が「doke」と「o」抜きの音変化。 よかカイタ(いいですか) ナハリマスカ,ナハルカ,カイタ,カナ,カイ,カの順に敬意度が低下 か ~がいた ~でしょうが 良カロガイタ(良いでしょうが) 念押しの終助詞。 スタマル(ひとりでポタポタと落ちる) す すたる (水滴が)落ちる 水ンスタリヨルバイ(水滴が落ちてるよ) スタマルとも。 鍋ン底まじカスッてシモタ(鍋の底まで残りは全部食べてしまった) か かせ(加勢) 手伝い,援助 カセしてハイヨ(手伝ってください) カセド(手伝い人) カセドはオオカほうがヨカ(手伝いは多い方がいい) か がた だけ,分 程度や量を示す助詞。 ウストロカ(恥ずかしい),暑カ(暑い),ヒョウナカ(妙だ) か かいか 痒(かゆ)い 蚊にササレチたいがカイカ(蚊に刺されてとても痒い) カユカとも か かいかい おんぶ(幼児語) カラウ(背負う)の幼児語。 ・・・ 「なぁ秋津洲」 「……」 ギュッ 「歩きづらいから、あんまり引っ付かないでくれないか……?」 「……」 愛宕に案内されて大本営の応接間まで向かう道中、多くの提督と思しき人物とすれ違った。 ……いや、本当に、お世話になっております……」 「あらあら……なんていうか、ホントに聞いていた通り、苦労されているようね…… ともかく仲良くやれているようで安心だわ」 「高雄さんがいなかったら、今頃私は胃潰瘍で入院してると思います……」 「ふふ。 チキリぁ キチンとハカンなっせ(はかりは正確に量りなさい) ち 千切(ちぎ)る もぎとる,収穫する 手でもぎとる時だけでなく,刃物で切り取る時も「ちぎる」と,その対象も果物の外にもナスやスイカ等も ち ちこちこ 親しげに,なれなれしく エロなんなハッタもんでチコチコものば言ワレンたい(偉くなられたので親しげに話せなくなったよ) ち ちこらしか 親密である,近い 人間関係がチカカ(近い)親しい間柄を言う チコシトル,チカラシカとも ち ちった,ちーった 少しは 「チットハ」が「チッタ」に変化。 民謡おてもやんの歌詞に「村役鳶(とび)役肝(きも)入りどん」 き きゃあ 軽い決断,強意の接頭語 キャア巡ろう,キャア飲ム,キャア逃グル等々,後に続く動詞の語意・動作・決断を強調または促進する き きゃあた 貸した/書いた/描いた カシタ,カイタがキャアタに音変化。 イノコヅチに限らずオナモミ等くっ付きやすい果実の総称 は はがいか 悔しい,腹が立つ ホンナコツ ハガユシテならんバイ(本当に悔しくて仕方ないよ) 「憎らしい,腹が立つ」意味も は ばかう 奪い合う,競って取り合う 安カちゅーて バコチ買いヨラス(安いといって 奪い合って買っておられる) バコウテがバコチに は はかんいく はかどる,仕事が順調に進む 今日は ハカンイクなー(今日は仕事が順調に進みますね) ハカ(量)。 そんキモンナ あーたにゃコウトカばい(その着物はあなたには地味だよ) こ こーとーか 上品,賢い アスコン娘はコートーカ,よかカクサンにナラスばい(あそこの娘は賢く上品だ,良いお母さんになられるよ) こ こかす 落す ちゃんと握っとらんとコカスばい(ちゃんと握っておかないと落すよ) 語感を強めたツッコカスやツコカスも こ こぎゃん このように,こんな コギャンとはヨカ(こんなものは要らない) ギャンとも。 いっでんシャマギッテ言わす(いつも出しゃばっておっしゃる) シャメギルとも し じゃまくる 邪魔する,妨害する ジャマクッテばかしオランデあーたもカタンナッセ(邪魔ばかりしないで貴方も加わりなさい) (投稿) し しゃる(り)もっでん どうしても,絶対 シャルモッデン行かんとイカントな(どうしても行かなければならないのね) シャルモジ,シャンモッデンとも し しゃん さん,ちゃん/美人 敬称でサンとチャンの中間位。 食い過ぎてドッカリした(食い過ぎて胃にもたれた) ドッキリとも と とつけむにゃ とんでもない,途方もない ワッどみゃトツケムニャーこつシタな(君たちはとんでもないことをしたね) トツケニャー,トツケムナカなども 取ッ付ケ無(ニャー)か? と どっちゃん どちらに,どっちへ ドッチャン行きナハルか(どちらに行かれますか) ドッツァンとも。 ブッブが来るケンあぶなかバイ(自動車が来るので危ないよ) (投稿) ふ ぶて 万事休す,処置なし 無手(むて)からの音変化。 コケ,ソケ と どけだっか どぎつい,けばけばしい 甘味が強過ぎたり,色が派手過ぎる。 ああたよりウワンチョばい(あなたより上手だよ) う うんとんすんとん うんともすんとも ウントンスントン返事んナカバイ(うんともすんとも返事がないよ) う うんにゃ いや,いいえ 「ワカンなはったカ?」「ウンニャいっちょん解リマッセン」(「解られましたか?」「いや全く解りません」) ンニャとも う うんぶくるる 溺(おぼ)れる/太る ウンブクレンごつシナッセ(溺れないようにしなさい) ンブクルル,ウンブクレルとも。 単語でないが文にすると面白いもの:トットット(とっているの)など (投稿) こ ごご 身体 ゴゴんカナワンごつナッタばい(身体が思い通りにならなくなったよ) こ こさぐ 削る,削り取る,引っかく 五木の子守唄に「煮えちゃおれども喉コサグ(煮えてはいてもノドを引っかく)」 接頭語「コ」+削 こ こしゃくれ 小生意気(早熟の意味も) 「こましゃくれ」からか? アンしたコマンカ時かるコシャクレとらした(あの人は小さい時から小生意気だった) こ こすか ずるい,けち コスカ人はけちん坊。 ジュタジュタ(水に濡れている状態)も し じゅったんぼ 泥水溜り,ぬかるみ ジュチャジュチャで田んぼみたいになった水溜り,ジッタンボとも。 ビルとも ひ ひおる たわむ,曲る,考えを変える ソウニャふとか魚だったケン 竿ンたいぎゃヒオッタばい(大きい魚だったので竿がとてもたわんだよ) ひ ひがんばな ヒゴタイ/曼珠沙華 阿蘇ではヒゴタイ(キク科ヒゴタイ属の別名ルリタマアザミ)。 堅いからカタシ(?) カチャシとも か かたっぽごし 左右不揃(ふぞろ)い 履物や手袋などが左右で違っているさま。 姉シャン,ネーシャン,アンシャン,オッカシャン,誰々シャンなどと し しゃんむり どうしても,絶対 シャニムニの変化。 動詞はズンダルル す すんまっせん すみません,申し訳ない 「スンマッセーン!」は元々お詫びの言葉ではあるが,呼びかけの挨拶言葉にも使われる せ ぜーたん どぶ,下水 生活排水が流れる溝,下水が普及してゼータンも死語か ゼータンボ,ゼータンボリとも せ せからしか 忙しい/うるさい 特に騒音や忙しさに対して。 秋の七草で,花は美しいが太いツルを伸ばして繁茂する害草 か かんばしゅうなか 良くない,悪い チカごら体ン調子のカンバシュウなかゴタル(近頃は体の調子が良くないようです) か がんぶり 水がたっぷり 水がたくさん溜まっているさま。 シイラ豆,シイラくじ,シイラ餅など し じぇんじぇん お金 ジェンジェンの欲シュシテたまらん(お金が欲しくてたまらない) 銭(ぜに)の音変化 し しかつ 大して,ほとんど,ろくに シカツ仕事(シゴツ)もセンデ(大して仕事もしないで) 副詞 シキャーツとも 「確(しか)と」から? し しかぶる 尿を漏らす,失敗する し損なう,尿に限らず失敗全般。 ヤイト草とも言い,お灸の原料 ふ ぶっぶ 自動車(幼児語) 警笛の音から。 「未だシモウトラン」などと し しまこぶ 女郎蜘蛛(ぐも),黄金蜘蛛 棒の上で二匹のシマコブを戦わせる蜘蛛合戦も。 ダーン居らん(誰もいない) ダーン来ん(誰も来ない) た ~たい,~たいた,~た よ,だよ(念押し,断定) 「よかタイ,そぎゃんタイ,違うタイ」と言っても,魚の「鯛」じゃない。 考え方んヒッチャコシたい(考え方が逆だよ) ひ ひっと出(づ)る 思わず出てしまう 腹ばヒット出シテ寝とっト風邪ひくバイ(お腹を出してしまって寝てると風邪ひくよ) ヒット出ル,ヒット出スも ひ 引っ張りこっぱり (地縁血縁の)しがらみ 引っ張りコッパリのアルモンだけんションなかバイ(地縁血縁のしがらみがあるので仕方ないよ) ひ ひとたくり 一度に,いっぺんに いっぺんにということは,十把一絡げと言う意味も付加されるようだ。 こら オルが取ットットばい(これは私が取っているのだよ) 既に過去から現在,未来も? と とっぱさき 先端,端 物の一番先の部分。 曼珠沙華には1000以上の別名(方言)が ひ びき,びきたん 蛙(かえる) アマガエルなど小さな蛙をビキやビキタン,ヒキガエルなど大きな蛙をワクドと。 チッタ上タイ(少しは上だよ) チーッタ酸イカばい(ちょっと酸っぱいよ) ち ちっとん 少しも,全く チット(少し)モ(chittomo)の最後の母音[o]が抜けてchittom。 そぎゃんスット歯んツンカグルばい(そんなことすると歯が欠けてしまうよ) つ つん切るる (思わず)切れてしまう 接頭語「ツン」:ツンキル(切る),ツンクザス(壊す),ツンポグ(ほがす),ツンマガル(曲がる) つ つんなう 一緒に行く,伴う ホンナラ ツンナオカ(それなら一緒に行こうか) ツンノウとも 「連れ合う」からか (投稿) つ つんぶらう (ごみなどを 払い落とす 花粉のヒッ付イトル 外サン行ってツンブロウて来ナッセ(花粉が付いてる 外に行って払い落として来なさい) つ つんぽしゃぐ 押しつぶす ゴミィ出サナンケン空き缶ばツンポシャイではいよ(ゴミに出さねばならないので空き缶を押し潰してください) て て と(助詞)/のに(助詞) 先生や何テ言わしタな(先生は何とおっしゃったの) もう眠たかテ(もう眠たいのに) て できーん 出来ない,いけない 女性言葉,直にだったら「いけないお人」と言った甘え,陰で眉をひそめて言われたのなら軽蔑気味の陰口 て でくる 出来る アータがデクルしこでヨカばい(貴方が出来る範囲でいいよ) 倫理的・道徳的可能の意味も て でけもん 吹き出物 デケモンのデキち痛カばい(吹き出物が出来て痛いよ) 「出来たもの」の音変化,デキモンとも て でけん 出来ない,いけない デクルの否定形。 民謡オテモヤンの囃(はや)しにも「アカチャカ ベッチャカ チャカチャチャ」と あ あからん 開かない/だめだ 「開かない」が一般的だが,八代では微妙なアクセントやイントネーションで「だめだ」。 ヤサヤーようシコットル(野菜は良く育っている)/シコッてサロクな(威張って歩くな) し じごろ 地元民,田舎者 ジゴロじゃナカラン分からんバイ(地元の者じゃなければ分からないぞ) し じじ 魚(幼児語) ダダ(馬),マンマンサン(仏壇),テテ(手),ブブ(湯)など,幼児語は同じ語の繰り返しが多い し した 人は 「人は(しとは)」が縮まって(shitoha の oh が抜けて)「した」に。 元々は共通語 き ~きる ~することができる(助動詞) 動詞の後に付いてそれが可能であることを付加。 小枝を切る刃が厚く柄が太い丈夫な鎌をナタガマ か がんがん 空き缶(大きいもの) 一斗(18リットル)缶など大きな空き缶を指す。 すると必然、姿勢を正すことにより胸が強調され…… (……でかい) ギチッ 「……ツッ!!」 先ほど部下のフォーマルな態度に感心したのは何だったのだろうか。 アンシタ何ば着タッチャようハルル(あの人は何を着てもよく引き立つ) は はわく 掃(は)く はよハワカンね(早く掃きなさいよ) 共通語と思っている人も多い(掃くを「はわく」と読んでしまう) は ばんこ 木製の台,腰掛け,縁台 木製の大きな腰掛け台,ポルトガル語bancoが語源(英語のbench)からの外来語とのこと は ばんばん 幽霊(ゆうれい),お化け 暗(くろ)ナルとバンバンさんノ出らすバイ(暗くなると幽霊さんが出られるよ) 幼児語 は ぱんぱん メンコ(面子) 絵入り厚紙の玩具,地面にたたきつけて風の力で他人のものを裏返して取り合う遊び。 「来る」が「行く」,I'm coming と同じだが,最近は?? く くろち 内出血,打ち身によるあざ クロチのヨッとる(内出血している) クロチとは「黒血」,内出血すると黒い血が集まったように見えるから く くゎいとなる 爽快になる,すっきりする 悩みン解決してクヮイトナル。 「しこつけとる」「しこつけちかっ!」という使い方です (投稿) し じご 尻(県南)/内臓(県北) 県南と県北では異なる意味,語源は? 肛門のことをジゴンス,肛門から遡れば内臓に繋がるので一緒か し しこる 茂る,育つ(県北)/威張る 本来の意味は「勢いを増す」,植物が「繁茂する」ところから転じて「威張る」にも。 他に山菜の「タラの芽」を「ダラン芽」,タラの木を「ダラの木」と濁る た だらんごつ 話にならぬ,ばかげている ナアンバ言うとっとかダランゴツ(何を言ってるの話にならない) た だる,だっ 誰(だれ) ダルもコン(誰も来ない),ダッちゅうハなか(誰という訳じゃない) ダッでんカッでん(誰でも彼でも) ダとも た たるかぶる 下痢(げり)する,下す ソギャン食うと タルカブルばい(そんなに食べると下痢するよ) タリカブルとも 小のほうは「シカブル」 た だるけん,だけん だから 熊本の民謡「おてもやん」の歌詞に「グジャッペダルケン(あばた顔だから)」。 「ハブテグチばタタク」よからぬ事とか文句を言う意味かな?と思います (投稿) は はまる 精出す,本腰を入れる 共通語の意味の外に,真剣に頑張る意味が。 爪紅,爪黒? 県南では「トビシャゴ」と言う つ つまゆる 切り揃える 散髪や庭木の剪定などで切り揃える時に使う。 「了見無し」から?(投稿、宇城地区?) し じゅちゃじゅちゃ 水気が多い,ぬかるむ 道路がぬかるんだり服などが濡れている状態をいう。 私達まで馬鹿にされるかもしれないじゃない」 「キミだって大和さんからの電話の時、ひどく動揺してたじゃないか……」 「う、うるさいわね!あの時のことは忘れる約束だったでしょ!?」 「……」 「? どうしたんですか?秋津洲さん」 「なんだか提督と叢雲を見てたら、緊張してるのがバカらしくなっちゃったかも……」 「あ、あはは……」 ふたりの漫才を見て、呆れと安心を顔に滲ませる秋津洲。 ホンナこて アクシャウツこつバッカシたい(本当に嫌になる事ばかりだ) あ あくしゃな 困った/呆れた アクシャは悪性(あくしょう)からの変化(?) アクシャナこっタイ(困ったことだよ) (投稿) あ あくしゃ豆 いんげん豆 柔らかい莢(さや)を食べる。 秋津洲に謝りなさいよ」 「叢雲ォ……それは濡れ衣なんじゃないですかねぇ……?」 「提督、叢雲さんは秋津洲さんの緊張を和らげようと思って、わざと……」 「ああもう!古鷹は余計なこと言わないの!そういうのじゃないから!」 顔を赤くして古鷹に反論する叢雲。 ポルトガル語(abobora)? ほ ほうべた ほほ ホウベタん腫れとるバイふうとばれダロカ(ほほが腫れているよオタフク風邪だろうか) ホーゲタとも ほ ぼうもんさん 坊守(ぼうもり)さん お寺の住職の奥さまのこと,「坊守さん」が音変化。 チンチクダケとも ち ちんちろまい てんてこ舞い 忙しくて飛び回ってる様子。 八代妙見祭りに登場する想像上の動物「亀蛇(きだ)」の愛称がガメ か かゆか 痒(かゆ)い 背中んカユカけんカイテはいよ(背中が痒いので掻いて下さい) カイカとも か からう 背負う/責任を負う リュックばカローチ来なっせ(リュックを背負って来なさい) 共通語と思っている熊本人は多い か がらかぶ かさご(フサカサゴ科の魚) ぎょろりとした大きな目や口,背ビレの鋭いトゲなど見た目は厳つい姿だが,味は最高かと か からすまがり 足 ふくらはぎ)がつること 泳ぎよったらカラスマガリのしてウンブクレヨートしたばい(泳いでいたら足がつって溺れようとしたよ) か からむすび 本結び,真結び ホドケンごつ カラ結ビにシトキなっせ(解けないように本結びにしときなさい) か かる から あーたハ どこカル 来ナハッたつナ(あなたは どこから来られたのですか) か がる 怒る,しかる ワルコツばっかしシヨット ガラルルばい(いたずらばっかりしていると怒られるよ) か かるかま(軽鎌) 草刈りがま(鎌) 草刈り用の鎌で刃が薄く柄は細目で軽い。 シチャカチャ,シチャクチャ,シチャンクァチャン,ヒチャクァチャとも し しと 人 アンシトタチャ ヨカシュ(あの人はお金持ちたち) 「ひ」を「し」と発音することは多い し しとぎ餅,ひとぎ餅 棟上式に投げる餅 新築の家の棟上げ式の行事「もち投げ」に使う,その「もち投げ」をシトギ。 共通語で言う「納豆」はネバナット な なば とても/茸(きのこ) ナバキチー(とてもきつい) ナバンゴツも。 アンした ヤセヒゴケち シマワした(あの人は痩せてしまわれました) ひ ひして 一日中,終日 「日一日」のヒヒトヒがヒヒテ,ヒシテと音変化。 トッペンとテッペンどっちが方言か迷うことも と とな ~のか(疑問を表す助詞) 「ドクサン行くトナ(どこに行くの)」が「ドクサン行くト」や「ドクサン行くナ」(どこに行くのか)より柔らかい と とばしゅる 水しぶき,とばしり トバシュルの ヒッカカルばい 水しぶきがかかるよ) 飛んできた汁,シュルは汁 (投稿) と とびしゃご 鳳仙花(ホウセンカ) 数十年前の女子はこの花びらをすりつぶして爪を染めて遊んだ。 サッカルかる待ットットバイタ(先ほどから待っているんですよ) サッカルカルとも さ さっさつ さっさと,はやく サッサツせんナ(さっさとしないか) サッサ(ササ)は時間経過? えーサッサ(長い間),どがササ(どの位の間) さ さづる,さでる かき集める アルしこサデちキなっせ(あるだけ全部かき集めてきなさい) サデ集ムル,サデ寄スルとも さ さでくりかやす 引っ掻きまわす そぎゃんサデクリカヤサンでちゃヨカタイ(そんなに」引っ掻き回さなくても良いでしょう) さ さでこくる こける,落ちる 「コクル」に強意の接頭語「サデ」を付加したもの。 ヨカモンのノサッタばい(良いものが手に入ったよ) 否定形がノサラン の のさん,ぬさん 嫌だ,耐えられない 困り果てる,うるさい,どうしようもない。 井手ば塞ッキッテ魚バ獲るバイ(井手を塞き止めて魚を獲るぞ) せ せっつく 急(せ)き立てる そぎゃんセッツキなすな(そんなに急き立てないでください) 「うるさくねだる」意味も せ せなん しなければならない(義務) 県北はセニャン,県央がセナン,県南はセンバン,天草はセンバツマランと県内でもいろいろ せ せばか 狭い 入口んセバカばってん通ルッドか(入口が狭いが通れるだろうか) セマカからの音変化? せ せびらかす からかう,じらす そぎゃんセビラカシなすな(そんなに からかわないで) 赤ん坊や子供に対して せ せら 木(木材)のささくれ セラんヌカッタ(木のささくれが刺さった) 八代地区(投稿) ササクレも使い方次第では方言? せ 世話なし 安心,心配いらず コシコしとくとセワナシたい(これだけしておけば安心だよ) せ ぜんぜんかずら ていかかずら キョウチクトウ科の常緑木質つる性植物,繁殖力尾旺盛,白い花をつける (投稿) そ ぞうくる ふざける,茶化す 真面目に話とっとに ゾウクッてハッテた(真面目に話していたのに茶化して行ってしまった) そ そうたくる (一緒に)寄せ集める ソケあっとばソウタクッテ持ってキナッセ(そこにあるのをかき集めて持って来なさい) (宇城地区,投稿) そ そうにゃ とても,非常に 双無し(?) こらソーニャよかバイタ(これはとても良いです) ソウナ,ソウニ,イサギュー,ムゴーとも そ そうよ 全部,みんな あるもこるもソウヨ持ってはってけ(あれもこれも全部持っていってしまえ) 総容から? ソウヨトメとも そ そうれ 葬式,葬礼 葬礼(そうれい)からの変化。 靴下ばカタッポゴシひゃあとる(靴下を左右違うのをはいている) か かたむる 担(かつ)ぐ,担ぎ上げる コルばカタメちケ(これを担いで来なさい) カタメル,カタグルとも か かたる (仲間に)加わる 「語る」とは別。 人の道を間違った者をドマグレ と とも 堤防,土手 あすこんトモにゃヒガンバナのイッピャさしとった(あそこの土手にはヒガンバナがいっぱい咲いてた) と とや か(助詞) 疑問の助詞。 今日は行カナン(今日は行かなければならない) な なんか 長い/何か 後一ヶ月もアットてな 待チナンカなあ(一ヶ月もあるんだって 待ち長いね) な なんかかる 寄りかかる こけナンカカットキなっせ(ここに寄りかかっておきなさい) 投げかかるからか?ネンカカル,ナンカクルとも な なんかくる 掛(か)ける,立てかける 風邪ひくバイ,何なっと ナンカケときナッセ(風邪ひくよ,何か掛けておきなさい) 「何か来る」ではない な なんかなんかつぁなかな 何か長いのはないの ナンカ(何か)ナンカツァ(長いものは)ナカナ(ないの) 似た音が続くので面白い,トットットやスースースも な なんぎゃる 投げやる,放りやる 「投げやる」の音変化。 アシコ(あれだけ)やコシコ(これだけ) 「ドレシコ,ドガシコ,ドギャシコ」とも と としゃが ~すると,~ならば ソッカル入って奥サン行くとシャガすぐタイ(そこから入って奥の方へ行くとすぐだよ) トシャガナ(ニャ)とも と とせ 生活,暮らし 渡世(とせい)より。 動詞はコソグル,コチョグル こ ごたる ~のようだ/~したい 暑カゴタル,寒カゴタル(暑いようだ,寒いようだ) 帰ロゴタル,食ヲゴタル(帰りたい,食べたい) こ ごちゃ 背中/身体 ゴチャんカイカ(背中がかゆい) (投稿) 「五体」を「ゴチャ」と読み「身体」を意味する地域も こ こつ こと(事) いらんコツァしなはらんデチャよかバイタ(余計なことはしないでいいよ) こ ごつ ~ように,~しそうに よかゴツしナッセ(良いようにしなさい) 指ン切るるゴツ冷タカ(指が切れるように冷たい) こ こっちゃん こちらへ コッチサンがコッチャンに。 箱ん中にナイナイしなっせ(箱の中に仕舞いなさい) な なおす 片づける/修理する/治す 自転車ば ナオシときナッセ(どちらの意味かに注意!) 「ナワス」は片付ける な なか 無い 理髪店で「どこか痒(かゆ)いところは?」「ナカ!」「中のほうですね」「・・・?」 (投稿) な なかなかなか (徹底して見つけるが)無い なかなか(副詞)+なか(形容詞)。 ヌスケル(知らぬ顔をする),ヌスタレ(のらくら者)と関連は? ぬ ぬすど 泥棒(どろぼう) ぬすど猫(野良猫),ぬすど食い(つまみ食い,特にこっそりつまみ食いすること) (投稿) ぬ ぬっか 暑い,暖かい 「酷暑」も,心地よい「暖かさ」にも。 9月の藤崎宮例大祭頃の肌寒さを「随兵ガンヤ」とも き きさにゃ 汚い(主に性格?) あやつぁキサニャけん(あいつは汚いから)のように主に性格が悪い場合に使うことが多い。 質的でなく,形態や機能が悪くなること 「損ずる」から? ソデルとも そ そっちゃん そっちへ,そちらへ ソッチサン,ソクサン,ソッチサンとも アッチャン(あっちへ),コッチャン(こっちへ),ドッチャン(どっちへ) そ そねる 反り返る ソヌルとも。 コン餅ゃコヲなっとる(この餅は固くなってしまってる) こ こわる 凝る,筋肉が痛くなる 久しぶり走ったケン足んコワッとるばい(久しぶりに走ったので足の筋肉が痛くなってるよ) こ こんくりゃ このくらい コンクリャあっとヨカな(このくらいあると良いの) ソンクリャ,アンクリャ,ドンクリャなども こ こんちょか 小さい コマカ,コマンカ,コマンチョカ,コンチョカと変化していったのか 動詞はコマムル,コマメル さかしか 賢い/元気(県北) サカシカ子供タイ(賢い子供だよ/元気な子供だよ) 県南が「賢い」で県北が「元気,健康」? さ さかたくり 反対に,逆さまに シャツば サカタクリ きとっド(シャツを反対に着ているんでしょう) サカタクリン(真っ逆さま)も さ さしより とりあえず,さしあたり サシヨリ こるば着トキなっせ(とりあえず これを着ておきなさい) さ さす(咲す) (花が)咲く シガンバナんサシトル(ヒガンバナが咲いている) サシトルをサイトルとかシャアトルとも さ ざぜまめ 座禅豆,大豆の甘辛煮 僧侶が座禅の前に小用を減らす為に食べたという座禅(ざぜん)豆が音変化してザゼマメ さ さっかる さっき,先刻より サッキカルがサッカルに。 苦真竹? に にき そば,辺り そこんニキャ探しナハッタな(そこら付近は探されましたか) 「ニキ+ハ」が「ニキャ」に に にくじ 意地悪/わざと 故意の意地悪。 コン道ばマッスグ行くとシャガよか(この道をまっすぐ行くと良い) し しゃぐ つぶす,押しつぶす シャグル,ビッシャグ,ヒッシャグル,ウッポシャグ,ツンシャグ,ツンポシャグなども し じゃこて ~しなければ 行カジャコテ(行かねば) ~しなければならない 自分の意思や義務,他人への勧誘 し じゃごんべえ 田舎もの(蔑称?) オッドンナ ジャゴンベエタイ(私たちは田舎者だよ) ジャゴベエとも (投稿) し じゃじん お金持ち あんシトはジャジンばいた(あの人はお金持ちですよ} ヨカシやヨカシュとも (投稿) し ~しゃする ~そうにする,~がる 恥ズカッシャスル(恥ずかしそうにしてる) 寒シャシトル(寒そうにしている) 嬉ッシャしとル(嬉しがってる) し しゃまぎる 出しゃばる,邪魔する おせっかいの意味も。 ゲエズ,ゲスとも け けそけそ そわそわ,キョロキョロ 落ち着かない様子,ケソケソスルとかケソツクなどの動詞も キョソキョソとも け けたくそわりー 縁起が悪い,運がない 朝かる茶碗の割れちケタクソワリー(朝から茶碗が割れて縁起が悪い) ケッタンクソワリーとも け けたぐる 蹴(け)る,蹴り上げる タグル(タクル)は前の動詞を強調する接尾語。 トッパサキば ツン折ッテはいよ(先端の方を折って下さい) ツンモルとも つ つん欠ぐる (思わず)欠けてしまう 一部が欠けたり折れてしまう。 ゴネ徳(長々と文句言ってゴネて得する)とも こ こねる (手足を)ひねる ケマツレチ足首ばコネチしもち,ソウナ痛かっタイ(転んで足をひねってしまって,とても痛いのよ) こ ごねる 死ぬ/文句を言う あんましゴネてバッカシおると 良かゴネカタはセンばい(あまりに文句言ってると良い死に方はしないよ) こ こぶ くも(蜘蛛)/昆布 kumoがkobuのように,uとo,bとmの音変化は多い。 「肥後のイッチョ残し」とも い いっちょん 一つも,少しも,全く イッチョン分からん(一つも分からない) イッチョン好かん(好きなところは一つもない) イッチョ(一つ)モが変化 い いっどき 同時,一緒に アンシトたちゃイッドキこらした(あの人たちは同時に来られた) 一時。 食いナスナ(食ってはいけない),来ナスナ(来てはいけません) (投稿) な なずる 撫(な)でる ナゼルとも。 アセクルとも あ あせる かき回す,あさる/触る かき回して良いものを探し出すこと。 頭ばツマエチ来なっせ(髪を切り揃えて来なさい) つ つめる 閉じる,鍵をしめる 玄関なツメタナ(玄関は閉じたか),ツメダス(閉め出す),他に共通語の「詰める」意味にも。 重畳(ちょうじょう)とも た たんなか 田んぼ,田 アタゲん タンナカは ヨウしこっとるナー(お宅の田んぼは良く育っていますね) (投稿) た たんぬる 尋(たず)ねる 分カランときゃ タンヌッたい(分からない時は尋ねなさい) タズヌル,タンネルとも た たんべん たびごと,その都度 ~するタンベンに~(~するたびに~) タンベン,タンビニとかタンビタンビとも ち ち,ぢ て,で(接続助詞) 「忘れてきた」の「て」は「忘れチきた」,「飲んでしまった」は「飲ウヂしもうた」と音変化 ち ちーん (久しく)無い 何かが長い間無いさま。 感動,確認,禁止等,時と場合に応じて様々な意味を付加する助詞 な なあん なあに,いや,いいよ 「何してるの?」という感じ。 まあだウワンダンのオラシタ(もっと上の方がいらっしゃった) う うわんちょ 上手,上位 上手(うわて)から音変化(?)。 幾らガタあっどか(幾ら分あるかな) か かたぐる 肩にのせる,担ぐ そらオモカけん カタゲなっせ(それは重いから肩にのせなさい) カタグル,カタゲル,カタメルとも か かたし(堅) 椿(つばき)の木,椿の実 椿の実のことをカタシの実と言うが,カタシの実そのものをカタシとも。 イキナリとは「直に,そのまま」以外に「突然,すぐ」の意味もあり,すぐできる団子の意味だと紹介しているものもあるが,すぐにはできない い いきなるか (整理整頓に)だらしない,不精 ギャンほっちらかしてイキナルカばい(こんなに散らかして だらしないよ) イキナリダゴに「イキナルカダゴ」説(?)も い いくり スモモ(李) 辞書には庭梅(漢名は郁李)のこととあるが,熊本ではスモモ(李)。 タイギャうまかチュウ話タイ(とても美味しいという話だよ) ち ちゅうしとる 宙に浮いてる ソン椅子ア 脚ンチュウシトルケン危ナカバイ(その椅子は脚が宙に浮いているから危ないよ) ち ちゅうの (木をたたき切る)斧(おの) チョウナ(材木を削る斧)を指すとも。 <補足読みました> 大和そのものが、海軍の最高機密で、国民は殆ど大和の存在を、 知りませんでした、沈んだ時も、大和の名は出ませんでしたから、 日本人の精神に何ら寄与しませんでした、関心を持たれ始めたのは、 アニメの宇宙戦艦ヤマトが、テレビで放映されてからです。 ガイタ,ガイ,ガの順に敬意度が無くなる か かかじる かきむしる,引っ掻く そぎゃんカカジッとしゃが血ンずるバイ(そんなにかきむしったら血が出るよ) カッカジル,カカジッタクルとも か かかる さわる,扱う ウックァユルけん カカランでハイヨ(壊れるからさわらないで下さい) セセルとも か かがる (草などを)むしり取る ソコン草ば カガッといてハイヨ(そこの草をむしり取っておいて下さい) か かくさん 母さん,奥さん オルげん カクサンな 怖カバイ(うちの母さんは怖いよ) カカサンがカクサンに? か かげぶら 日陰,陰,陰になった部分 暑ーしてタマランばい カゲブラがヨカばい(暑くてたまらないよ,日陰が良いよ) カゲビラとも か かご むかご 山芋の葉の付け根にできる珠芽(しゅが,養分を蓄えた塊),数珠のように針金に通して焼いて食べたものだ か かごむ かがむ,しゃがむ ミツカランごて カゴンどきナッセ(見つからないように しゃがんでおきなさい) か がさくれ 手のカサカサ 手の肌がヒビでカサカサになっていること。 トセしてイカルルごつぁシトカニャ(暮らして行けるようにはしておかなければ) と とぜんなか 寂しい,退屈だ 一人じゃ トゼンナカケン遊びにキナッセ(一人ではさびしいので遊びにお出で) トゼンニャアとも と とちらかす はぐらかす トチラカサンデはいよ(はぐらかさないで下さい) トチルル(まごつく,へまをする) と どっかり 胃がもたれた状態 甘い物や脂物を食べ過ぎ胃にもたれた状態。 シワガヨルからか? 名詞はシワガレ し じん 貴方,君/人 ジンなナンばシヨッと(貴方は何をしているの) 「仁(人)」から? ジュンとも し しんかり 心底,精一杯,心から シンカリ歌わすケン本なこつ良カ(心の底から歌われるので本当に良い) 「心から」の変化か? シンカルとも し しんど 苦労,難儀 シンドば カケマスな(ご苦労をかけますね) 「辛労,心労」から? 形容詞はシンドカ,動詞はシンドスル し じんべん 奇跡,よくもまあ 予想外の滅多にない良い結果に使用。 オドンたち カタンなっせ(私たちの仲間になりなさい) カテル、カツルとも か かちゃりごし 交互に,片方ずつ 交代交代,かわるがわる。 いらいらする) あ あっか 明るい/赤い 外はアッカばい(外は明るいぞ) アッカつバはいよ(赤いのを下さい) あ あっがほう あれがほら 福岡で飲みに行った時「あっがほう」と口から出た熊本弁に周りの人達が「ななな、何ですか?」と (投稿) あ あっちゃこし あべこべ,反対に アータはTシャツばアッチャコシ着とるバイ(あなたはTシャツを反対に着ているよ) あ あっちゃん あっちへ アッチサン,アッツァンとも。 今では違法の「めじろオトシ」 お おとっじょ 弟さん(敬意) おとつ(弟),おとっじょ(弟さん) オトッジョはドケおらすと(弟さんはどこに居られるの) イモッジョ(妹さん) お おとろしか 恐ろしい 地震なオトロシカ(地震は恐ろしい) オトロシカが一般的だが,県北ではエスカ,阿蘇ではオゼーやオジー お おとんことんせん 静かだ,物音一つしない コトンは付け足し。 「ダゴ」とも ま なじ まで(助詞) マデの変化。 (投稿) 軽くホンナコツとも ほ ほんなら それなら,それじゃあ ホンナラかえろか(それなら帰ろうか) ソンナラ,ンナラとも ほ 煩悩(ぼんのう) 愛情,優しさ 共通語と違って良い意味。 元々は稲を積んだ上に笠のように載せたものを指した と どが,ど だろう,だろうが ソギャン仕方じゃデケハせんドガ(そんなやり方では出来はしないだろうが) 「ド」だけでも と どがしこ どれだけ,いくつ ドガシコでんヨカたい(どれだけでも良いよ) ドギャシコ,ドシコとも アガシコ,ソガシコ,コガシコも と どがっさっさ どのくらい(時間) ドガッサッサ待たすっとか(どのくらい待たせるのか) エーサッサ(かなりの時間)も サッサは時間の経過? ドガササとも と ときのにゃ たまには,時々 トキノニャ顔ば出サンとイカンばい(たまには顔を見せないといけないよ) トキニャ,トキヨリなどとも と どぎゃん どんなに,どんな 地域によってはドガンやドゲン。 臭い) (投稿) に にゃあ ない(無い)/~ね キタニャア(汚い),トツケミニャア(とんでもない) ヨウキタニャア(よく来たね,「汚い」ではない) に にやわん 似合わない そらアータにゃニヤワン,こるがニオトルばいた(それは貴方には似合わない,これが似合っているよ) に ~にゃん ~ねばならない(義務) 勉強せニャンばい(勉強しなければならないよ) 「勉強せナンバイ」のようにナンとも に にんにんさん お人形さん(幼児語) ニンニンサンば コウチやるばい(お人形さんを買ってあげるよ) に にんめ 臭(にお)い フのニンメのすんね? ウッツリカッツリ,オッツカッツとも う うっぱさまる (詰まって)挟(はさ)まる 強意の「ウッ」+「挟まる」。 行 熊本弁 意味(共通語) 備考(語源・用例・類語など) あ あーた,あた あなた(二人称) アータ方はヨウがまだしナハル(あなた達はよく働かれる) アータ,アタ,アンタ,ジン,ワル,ワリャと敬意度が低くなる あ あいたー あっ,しまった/痛い アイター,門な閉マッとる(しまった,門は閉まってる) アーイタ,アイータ,ワイタ(しまった)とも あ あおし柿(がき) 渋抜(しぶぬ)きをした渋柿 渋柿を焼酎などで渋抜き(さわす)したもの。 キミ甘味とか喜ぶタイプだったっけ? 意外とかわいらしいところもあるじゃないか」 「う、うるさいわね!そんなんじゃないわ!たまたま今日はそういう気分だっていうだけよ! 古鷹だって甘味食べたいでしょ!?」 「あはは……そうですね。 カワイカ,ムゾラシカ,モゾラシカとも こ こゆか,こゆい 濃(こ)い コユカは方言でコユイは共通語と思ってる熊本人は多い。 動作の進行や完了を と とっとっと 取っているの トットルトから変化。 あらニクジしよっとダロ(あれはわざと意地悪しているのでしょう) 憎事? に にじっつくる こすり付ける,なでつける 汚れた手ばニジッツケンデはいよ,キタニャアバイ(汚れた手をこすり付けないで下さい,汚いよ) に にじる こすり付ける,なすり付ける 汚れが付いた手・足・指を物にこすり付けること。 キンコブ(金色の蜘蛛の意)とも し しみゃー おしまい,終わり コッデ話ゃーオシミャー(これで話はおしまい)は,お婆さんの昔話の最後のセリフ (投稿) し しもた しまった/終わった 間違ったり失敗した時に発する言葉,「シモター」と伸ばせば強意に,ゆっくりだと「終わった」の意味 し しゃ,しゃあ おかず,副食 コラ 飯のシャアにヨカ(これはご飯のおかずにいい) 菜(さい)の変化か? カテとも し しゃあづち 金槌,とんかち 釘バ打つけんシャアヅチばトッテハイヨ(釘を打つので金槌をとって下さい) 石鎚(しゃくづち)からか? し じゃいよ,じゃ,じゃーじ そうだよね ジャ~イヨ,ジャッジャ~~(そうよね~,そうそう) 相手の話に深く賛同する時には重複使用も。 「出す」+「被(かぶ)る」? た だだ 馬(幼児語) 語源は歩くときの音から,それとも馬に命令するときの口調から(?) ダダヒンとも た たちわけ なたまめ(刀豆) 大きさが30cm程になる,若いサヤの味噌漬けはコリコリして美味い。 ネジクル,ネッタクル,ヌタクル,ヌッタクル,ヌタクリチラカス,ヌタクリツケルとも ね ねちゃっと べちゃっと,べちゃべちゃ 水気が多く舌触りが悪いさま。 ~しテンよか(~しても良い) あっテンよか(あっても良い) タッチャとも て でん でも(助詞) デモの音変化。 アッチカルこっちばネランドルばい(あちらからこちらを睨んでいるよ) ね ねんかかる 寄りかかる 「寝る架かる」からか,「寝る」を「ネン」と発音した「ネン倒ス」「ネン転ブ」なども。 八代市では喧嘩っ早い人を指す(投稿) い いじい 非常に,とても こらイジイうまかナア(これはとても美味しいねえ) イジイこらっさんナ(いつまでも来ないな) (投稿) い いたらんこつ 余計なこと,つまらないこと 「至らぬ事」即ち「目的に至らぬ余計な事」。 今日はヌッカなー(今日は暑いね) ヌッカは県南,県北ではアツカ(またはアチー) ぬ ぬったくる 塗りつける,塗りたくる 「塗る」+強意の「たくる」。 譲葉 つ 出(づ)る 出る アスナサは早よズルけん,早よ寝るバイ(明日の朝は早く出るので,早く寝るよ) つ つん 強意の接頭語 ツンオル(折る),ツンカグ(欠ぐ),ツンキル(切る),ツンクズス(壊す),ツンコクル(転ぶ),ツンポシャグ(つぶす) つ つん折る (思わず)折ってしまう 棒など細いものを折る時に使う。 今夜はノミカタだけんメシャよかバイ(今夜は飲み会だから夕食は要らないよ) は 気,気持ち,波長 アータとはハが合うバッテンがアッとはハの合わん(あなたとは気が合うがアン人とは合わない)(投稿) は ば なら(助動詞,接続語) 速よ歩かんバ間に合わんバイ(速く歩かないなら間に合わないよ) 食わんバ(食わないなら) は ば を(助詞) 元々の「ヲバ」の「ヲ」が抜け「バ」に 何んバしよっと。 勉強ばシェナン(勉強をしなければならぬ) し じゅうけむなか 面目ない,情けない 恥ずかしい失敗をしたときに「ジュウケムナカー」とつぶやく。 英語のbut then からという説(?)も は はつる 終わる/たたく シゴツのハツル(仕事が終わる) ビンタばハツル(ほほをたたく) は ばな ですよ,よ(強調の助動詞) コルガなばバナ(これがキノコですよ) 今日は飲もバナ(今日は飲もうよ) 普通は同輩に対して使う は はねくりやる 投げ捨てる,放りやる そっちゃんハネクリヤットキなっせ(そちらのほうへ放りやっておいて) ハネヤル,ハネクリカヤスも は はぶてぐち 文句,憎まれ口,減らず口 四十数年関東暮らし。 チーン食わん(久しく食ってない) チーン見ん(長い間見てない) チンとも ち ちーんする 座る/落ちる そけチーンシときなっせ(そこに座っていなさい) 危なかチーンスルばい(危ない落ちるよ) ち ちかまる 近づく,近寄る 試験の近マッタばい(試験が近付いたよ) 民謡「オテモヤン」の歌詞にも「追々彼岸も近まれば」と ち ちきり はかり(秤),さおばかり 分銅の吊り合う位置で重さを量る道具。 アータに煩悩ンあるけん言ワスとタイ(貴方への優しさからおっしゃるんだよ) ま,まあ もう,も マチット(も少し),マイッチョ(もう一つ),マア一杯ドギャンかいた(もう一杯いかがですか) ま まうごつ,まご とても(の最上級? 道路のジュッタンボ,最近は見かけませんね し じゅつにゃー どうしようもない,つらい 体んダルーして ジュツニャー(体がだるくてつらい) ジュツナカ,ズツナカとも (投稿) し じゅるか 水気が多い,ぬかるむ コン飯ぁジュルカごたる(このご飯は水気が多いようだ) ジュルカ田んぼがジュッタンボ? し しょい 醤油(しょうゆ) そこんショイばトッテはいよ(そこの醤油をとってください) 醤油の実はショイノミとかションション し しょうけ 竹製のざる ソコン芋ば ショウケに入レチおいてハイヨ(そこの芋をざるに入れておいてください) し しょうこつなし 嫌々,仕方なし,適当に ショウコツナシにシヨット間違うバイ(仕方ないと思って適当にすると間違うよ)「する事なし」からか し しょて 以前,昔,最初 ソギャンとは ショテンこつタイ(そういうことは昔のことです) 将棋や囲碁の初手(最初の手)から し しょのむ ねたむ,やっかむ,そねむ 人ば ショノミなすな(他人をねたむな) (投稿) ショナム,ソネムとも。 「か」を強くしたり文末を下げると「開かない」 あ 上がんのさんぱち あげくの果て 上ガンノサンパチゃ倒産ですタイ(あげくの果てには倒産ですよ) アガリノサンパチとも あ あぎゃんと あんなもの アギャントもコギャントもナカたい(あんなものもこんなものもないよ) ギャン(こんな)ト(もの) あ あくしゃうつ 困(こま)る,嫌になる 持て余して大いに困ったり怒っている状態。 稲ばスゴク(稲をしごく) (投稿) す すざる さがる,後戻りする 車ン来るケン 後ろさん スザンなっせ(車が通るから後ろのほうへ下がりなさい) 後(あと)スザルとも す すすどか ずるい 元の「すばしこい」意味が「ずるい」に。 自らの決断を促す自問の掛け声 え えしゃくのよか 愛想がいい 愛嬌があって人当たりが良い。 音便化でオロイカとも お おわる 生える/植える こらオワットットな,オワシタツな(これは生えてきたのですか,植えたのですか) オユル,オワスとも お おんか 重い ひとっじゃオンカけんカセシテはいよ(一人じゃ思いので手伝って下さい) オムカ,オブカとも お おんじゃく チョークのような石 石を焼いて布に包み体を温めるものとは別に,固い地面や壁へ落書きができる軟らかくて白っぽい石 お おんなさる いらっしゃる,居られる 社長さんなオンナサルですカ(社長さんは居られますか) 「居る」の敬語,「女猿」ではないよ お おんなし 同じ オンナシバイ(同じだよ,「女芝居」ではない)「同じ」からの変化,オンナシタイ,オンナシカ,オンナジカ,オナシカも お おんなはる いらっしゃる,居られる オイデナハル,オイデル,オイヅル,オンナサルも「居る」の敬語。 ワクドは大きな蛙,小さな蛙をビキやワッコと う うすとれー 照れ臭い,恥ずかしい ソギャン褒(ほ)めらるっとウストレーたい(そんなに褒められると照れ臭いよ) (投稿) う うすとろか 気恥かしい,きまり悪い ウストローして 外ニャ出られんバイ(気恥かしくて外出できないよ) ウストレ,ウスヌッカとも う うすぬっか 気恥かしい,きまり悪い 男がアマカツばコウチ来っとはウスヌッカツたい(男が甘いものを買って来るのは気恥かしいんだよ) う うち 私,女性の第一人称 主に若い女性,男性は使わない。 今では沖縄方言のゴーヤーが全国共通語 に にがまだけ 女竹(めだけ),雌竹,篠竹 直径2cm,高さ5mほどの細い竹,筍が苦いから。 ナバのようにとは? 若者言葉 な なましか 生である,枯れていない コン木はナマシカけん燃エン(この木は生だから燃えない) 未熟の意味も。 古語「生し」からか な なめる 深く味わう 天草では焼き魚や煮魚は「食う」だが刺身は「ナメル」。 ジュクシがズクシに変化(?) ズクッショとも す すごく 扱(しご)く,こすり取る 細長い物を手指等で押さえてこすり取る動作。 県北 (投稿) き ぎすとん びくとも コン石ゃギストンせん(この石はびくともしない) エンジンなギストンせん(エンジンは掛かろうともしない) き きぜん(気前) 気位,自尊心 アンした キゼンのタッカけん 話ニッカばい(あの人は気位が高いので話し難いよ) 「キゼンのよか」とも き きたにゃー 来たね/汚い ようキタニャーのキタニャーは「来たね」の意味だが,「汚い」と勘違いされた(投稿) 「暗い」も「クリャア」 き きつか 苦しい,つらい 三千段の石段バ登ろうてニャたいぎゃキツカばい(三千段の石段を登るのはとてもつらいよ) き きっちゃする 苦しがる,疲れる 喫茶ではない。 アヤツァ デベソダケン(あいつは目立ちたがり屋だから) (投稿) て てぼ 竹製の手かご,びく 底が深い竹かご,魚釣りの時などに使う入れ物(ビク)や魚獲り用の罠。 今日は居ンナハルド(今日はいらっしゃるでしょう) モウ来っド(もう来るだろう) と どうか うわぁ,どうだろうか 感心した時,驚いた時,あきれた時などに出る「うわぁ,どうだろうか」と言った感動詞 (投稿) と とうし いつも,ずっと トウシ遊ソンドル(いつも遊んでる) イツカルシジュウも同じ意味 (通し?) と どうし すごい/なぜ こらドウシ(これはすごい!立派な時もひどい時も) ドウシ来んと(何で来ないの) 「なぜ」の場合ドシとも と どうでん どうでも,どうしても ドウデンこうでん(どうでもこうでも,どうしても) ドウデン良か(どうでも良い) と どうなりこうなり どうにかこうにか ドウナリコウナリでくるこたデケタごたる(どうやらこうやら出来ることは出来たようだ) と とうまいぶくろ 麻(あさ)でできた袋,麻袋 唐米袋(?),トウキビ(唐黍)と同じく中国伝来の意味か(?) と どうろこうろ どうにかこうにか,ほどほどに ドウロコウロでけたごたる(どうにかこうにか出来たようだ) ドロコロすっと(どうかすると)とも と とーとーと (鶏を呼ぶ)呼び声 トートートートート(庭に放し飼いにしているニワトリを呼び寄せる呼び声) 今では放し飼いもなく死語か と とーべ 稲束,稲を積み重ねたもの トベとも,稲わらを円く積み重ねたものも。 コユカコーヒーば飲もゴタル(濃いコーヒを飲みたい) こ こる これ コルガ良カ(これが良い) アル(あれ),ソル(それ),ドル(どれ) 「コルハ」は音変化してコラ こ こるまめ 干し納豆 糸引き納豆に塩と米粉や片栗粉をまぶし天日乾燥させたもの。 昨夜はヨウベ(ゆうべ)と き きびる 結ぶ,しばる チャンと キビッとかんとハズルルばい(ちゃんと結んでおかないと外れるよ) クビルとも き ぎめ バッタ,イナゴ 昆虫は他にも女郎蜘蛛をキンコブ(金色の蜘蛛の意)とかシマコブと,トンボはヘンボと き きもいりどん 世話役,仲人 肝イリ(肩入れする,世話をする)をする人。 臭い!」 (投稿) ぬ ぬかる(貫かる) 突き刺さる,刺さる イゲんヌカッて イタか(とげが刺さって痛い) 雨で地面がドロドロになることやそれに入り込むことも「ヌカル」 ぬ ぬしげ 君の家 NUSIGAIEの母音が続くAIEが省略されてEになってNUSIGEに。 ションベンばシカブらした(小便を漏らされた) 大はタルカブル (投稿) し しかるる (車に)轢(ひ)かれる ソギャンモダユット車にシカルルばい(そんなに急ぐと車に轢かれるよ) 「尻にしかるる」なども し しきしき きっちりと あの人は何でんシキシキさすなあ(あの方はなんでもきっちりされるなあ) (投稿) 式式からか? し じきたくり 直に,直接 ヨゴルルけん ジキタクリ触ランデはいよ(汚れるので直に触らないで下さい) し しきりばしするごつ 出来もしないのに 食イキリバシするゴツ(食べられないのに),知ッテバシおるゴツ(知らないくせに) し しきる 出来る 運転なシキルナ(運転は出来るの) そぎゃんコツぁシキラン(そんなことは出来ない) し しこ だけ,ほど 量,程度を表す。 コロコロ転ぶからコルマメ(?) こ こるもん 沢庵(たくあん)漬け こんコルモンな コリコリしてウマカ(この沢庵はコリコリしていて美味い) こ ごろっと 一切合切,すっかり 共通語では大きな岩などの動きを表す擬態語だが「ごっそり」の意味にも こ こわか 固(かた)い 共通語の「強(こわ)い」から。 天草ではホタユル と とこれ ところに,のに よかトコレ来たナ(良い所に来たね) ソッデ良かったトコレ(それで良かったのに) と どこんかしこん 到る所,どこもかしこも ドコンカシコン痛してナラン(いたる所痛くて仕方ない) ドコンココンとも と どしこ どれだけ,いくつ,いくら ドシコてな,ソシコたい(どれだけ,それだけだよ) 球磨では「沢山」という意味も。 ドンカッチョ,ドンカチとも と どんぐれ 塊(かたまり) サトン(砂糖の)ドングレ(かたまり) 他に土や粉など本来なら顆粒状の物が塊りになった状態をいう と どんこん どうにもこうにも ギャンなっと ドンコンならんバイ(こうなると どうにもこうにもならないよ) ドギャンモコギャンモとも と とんしゃえ 法華経写経の法会 熊本では本妙寺の頓写会。 程度が大きい場合,ソネカヤル,ソネクリカヤル,ソネバル,ソネクリカエス,ソネクリカヤスなども そ ぞびく 引きずる 床に垂れ下がったまま引きずること。 な ~なっと ~でも ケーキナット食オカ(ケーキでも食おうか) ケーキに納豆?「なっと(助詞)」を「納豆」と聞き違えそう な なっと 醤油の実(しょうゆのみ) 大豆に麦麹(むぎこうじ)を混ぜて漬(つ)け込んだもの。 ゾンワクこつバッカシ(腹の立つことばかり) (県北 投稿) だーん 誰(だれ)も 「誰」が「ダ」,更には「誰も」が「ダモ」「ダーン」と変化。 スタムル(水滴を切る)も す すたんわるか 不気味(ぶきみ)だ 夜中ン墓はスタンワルカばい(夜中の墓は不気味だよ) 凶暴な人を指す言葉にも (投稿) す すっけんぎょ 片足跳び,けんけん 片足で跳ぶ子供の遊びで,「すっけんぎょう」や「すっけんけん」とも (投稿) 修験行? す すったくろ ずる賢いなまけ者 反対に働き者を「がまだしもん」,しっかりしている人を「かったるじん」 す すってん 語呂合わせで意味なし 愛の恋の スッテンの ドギャンでちゃヨカコツ(愛とか恋とかスッテンとか どうでも良いこと) す すとしゃが そうすると 行ッテみなっせ ストシャガ分かる(行ってみて下さい そうすると分かる) スットシャガ,ソストシャガとも す すっぺんこっぺん つべこべ スッペンコッペン言いなすな(つべこべ言わないで) あれこれいろいろ す すびく 寒さが身にしみる,痛む 冬,すごく寒くて芯から冷えた時に「あ~足がすびきよる!」 古語の「けいれんを起こす」意味から す すぼる くすぶる,焦げる タキモンのスボレヨルばいた(焚き木がくすぶってるよ) スボラカス(焦がしてしまう) 名詞形はスボレ す すむ 水に潜る 3分なスムルばい(3分は水の中に潜っていることができるよ) 「住(棲)む」からか? す すゆか 酸っぱい もうスユなっとる(もう酸っぱくなっている) こらスユしてならん(これは酸っぱくて仕方ない) スイカとも す すらごつ 嘘(うそ),つくり事 ソラ(空)+ゴト(事)の変化。 名詞はショノミ,ショナミ し しよる ~しつつある 座リヨル(坐りつつある),食イヨロか(食べ始めておこうか) 動作や変化の進行中を表わす助動詞 し しょんなか 仕方ない,どうしようもない 居ったちゃ ションナカけん キョアー戻ろか(居ても仕方ないので帰ろうか) ションニャーとも し しわがるる 干からびる,水分がなくなる 「声がしわがるる」以外に,「草や手などがシワガルル」等も。 ドクサン行きヨット(どこへ行っているの) ドッチサン,ドッチャンとも と どくだんそう ドクダミ そのものずばり毒断草(毒を断つ草)。 ジンナなんばハラカキよっと(貴方は何を怒っているの) ハルカク,ハリカクとも は ばる 原 地名の西原,託麻原,高遊原は「にしバル」,「たくまバル」,「たかゆうバル」と,言い易いからか は はるる 晴れる/腫れる 外に「映える」の意味も。 ココサン,ソコサン,ドコサンも こ こくる 転ぶ,落ちる/接尾語 接頭語を付けて「サデコクル」とか「ツッコクル」とも。 屁ばヘヘッタロ,臭カバイ(屁を放ったでしょう,臭いよ) ヘル,フルとも へ べんたさん 京人形/木製人形 おかっぱで振り袖姿の京人形を言ったり,こけしに似た丸木の人形を指す場合も (投稿) へ へんぱく 口ごたえ,弁解 (目上の人に)屁理屈をこねて反論すること,口ヘンパクとも。 「腐る」から「だめになる」「うまくいかない」と意味が変化したのか ね ねらむ 睨(にら)む 「ニラム」の音変化した古語。 汚れた手ばネジッたくらんで(汚れた手をこすり付けないで) ニジッタクルとも ね ねずむ つねる,つまんでひねる 指先で皮膚を強くつかんでひねること。 魚の本場で刺身の味にうるさい天草だからこそ な ならん (意志はあっても)出来ない 歩きゃあナラン(歩けない),いごきゃあナラン(動くことが出来ない),食やナラン(食えない) な なわす 片づける,移す そるがシモウタラ こらナワシときナッセ(それが終わったら これは片づけておいて下さい) ナオスとも な なわる 引っ越す,移る どけナワンなはったつナ(何処へ引っ越されたのですか) 場所が変わる な なん 人 アンナン(あの人),ドンナン(どの人),コンナン(この人) シトとかジンとも (投稿) な ~なん ~しなければならない 義務を表す助動詞,動詞の未然形に接続。 釣ッタ魚んバタグライヨル(釣った魚が暴れてる) バタクラウとも は ばちかぶる 罰があたる,責任を負う そぎゃんコツばっかしシヨット いんまバチカブルばい(そのようなことばかりしてると今に罰があたるよ) は ばちくりかやす ひっくり返す バチクリカヤサンごつシナッセ(ひっくり返さないようにしなさい) バチガエス,バチカヤス,バチグリカエスとも は はちくる 来てしまう,やって来る 「ハチ」は強調及び「思わず」とか「一気に」等の意味を付加する接頭語。 ちょっとソコマジ(ちょっとそこまで) 5時マジ帰るバイ(5時まで帰るよ) ま まぜくりかやす 混ぜてしまう,邪魔する マズル(混ぜる)に強意の接尾語を付けたのだが,「邪魔する,混乱させる」意味にも.

  • あんシタ良かナ(あの人は良いね) し じだ 地面,土地 ジダに ジキタクリ すわっと キタナカたい(地面に直に座ると 汚いよ) し しちゃくぁちゃ 滅茶苦茶 乱れた様子。 イロク,ヒアガルとも い いんね いや(否),違う イヤ,インヤ,インニャ,ウンネ,ウンニャ,ンニャ,ンネなども い いんのくそ ものもらい,麦粒腫 まぶたの一部が赤くはれる病気。 コスターんウックァエとった(ブレーキが壊れてた) こ こすたくりん けち,けちん坊,ずるい アイツぁ コスタクリンだけん(あいつはけちん坊だから) コスタクレとも,形容詞はコスカ こ ごすと 突然,急に ゴスト起キ(ゴストキ,急に起きること) ポスト,ヒョクット,ゴーストなども こ ごすとき 起き抜け 今朝ゴストキ釣り行カシタばい(今朝起き抜けに釣りに行かれたよ) 「ゴスト起キ」がゴストキに(投稿) こ こぜらしか 小生意気(早熟) アンした コマカ時かる コゼラシカったつ(あの人は小さい時から生意気だった) こ こそぐりの木 百日紅(さるすべり) コソグルとは「くすぐる」,すべすべした木肌から触(さわ)ると擽(くすぐ)っているように見えるから(?) こ こそばいか くすぐったい,こそばゆい 「恥ずかしい」という意味も。 余りないことを言う場合も あ あしこ あれだけ,あのくらい アシコあんならヨカでっしゅ(あれだけあれば良いでしょう) アガシコ,アギャシコとも。 ジンベン試験に通ったコッタイ(よくもまあ試験に合格したことよ) す す 穴,空洞 スンヒャアッタ大根(スカスカの大根),ジゴ(尻)ンス(尻の穴),ハナ(鼻)ンス(鼻の穴),ミミ(耳)ンス(耳の穴) す すいか 酸っぱい こらスイカ(これは酸っぱい)。 ビッチャグ,ヒッシャグとも ひ ひったまがる 驚く,たまげる ヒッ(強意の接頭語) 震度7ん地震にゃヒッタマガッタばい(震度7の地震にはとても驚いたよ) ウッタマガルとも ひ ひっちゃかましか 面倒くさい,うるさく思う ヒッチャカマシカ話ャ ヨカバイ(面倒くさい話はお断りだよ) ヒチ(強勢)+ヤカマシカ(面倒くさい) ひ ひっちゃこし 逆,あべこべ 物事が反対,裏返しになっていること。 暑してノサンな-(暑くて嫌ですね) ノスコッジャナカとも (投稿) の のしなる 無くなる 池ン水んノシナッテしもうたバイ(池の水が無くなってしまったよ) (投稿) ノウナル,ノウシナルとも の のすこっじゃなか どうしようもない ノ(ヌ)サンナー,ノ(ヌ)スコッジャニャー,ノサンなど否定形では使うが肯定形の「ノス」の使用は少ない(投稿) の のどこ 苗代(なわしろ) 稲の種をまいて苗を育てる田んぼ。 ニシャー(宇城地区)とも ぬ ぬすくる 知らんぷりする 罪を他人に塗りつけることからの変転? ヌシャア何ばヌスケとっとナ(君は何で知らんふりしているのか) ぬ ぬすけ まぬけ 屈辱的な語。 否定はナスナ な なったけ なるべく,できるだけ ナッタケ 良かつバ はいよ(なるべく良いのを下さい) ナッダケとも な なったごつ 成ったように ドギャンデチャよかナッタゴツたい(どうにでも良い 成ったようにだよ) que sera, sera? コン芋はガジガジしとる(この芋は生煮えで中が少し固い) か かじめる 後片付けする,終わる もうソンくりゃでカジメなはらんカ(もうその辺で片付けて終りにしませんか) か がじめる 独り占めする,かき集める 何でんかんでん ガジメチしまわす(何でも独り占めにしてしまわれる) ガジムル,ガジュメルとも か がじゅまる 縮(ちぢ)まる,縮こまる ガジュマランカ(密接して集まろう) 絡(から)まるの意味も,沖縄の熱帯樹「ガジュマル」の語源?(投稿) か がじゅむ 縮む 寒ウシテ指ンガジュンドル(寒くて指が縮んでる) ガジュマル(縮まる,縮こまる)も か かずむ (においを)かぐ 腐ットランか カズンでミナッセ(腐ってないか においをかいでみなさい) カザムとも か かずゆる 数(かぞ)える カンネル,カズヌル,カンヌルなどとも,「~える」が「~ユル」と変るのも多い か かする 削り取る,かき集める 残り全部をかき集めること。 カブカとも か がほんなか 体が消耗して元気がない ガホとは気力? 風邪ヒイち ガホンナカばいた(風邪を引いて元気がでないよ) ガホンニャーとも か かまかまかま 蜂避(はちよ)けの呪文 「カマカマカマ」と唱(とな)えながら地面にしゃがんで蜂が通り過ぎるのを待っていた か かまげ 叺(かます),稲わら製の袋 稲わらで編んだ頑丈なふくろで,米など穀物を入れるのに使用した カマギとも か かまする 食らわす,なぐる 強く殴る。 イッパイコッパイ,イッペコッペとも い いっぺんたくりん 一度にまとめて イッペンタクリンに言うケン分からんタイ(一度にまとめて言うので分からないよ) イッショクタンとも い いとしか 気が強い イトシカおなごバイ(気が強い女性だよ) 共通語「いとしい」は「かわいい」,「可愛い」と「気が強い」関連は? い いなう かつぐ,になう イナウは天秤(てんびん)棒を用いて運ぶもので,カタグル(カタゲル)は肩に乗せて運ぶ場合に使うとも い いぬる 行く,帰る そろそろ イヌロカ(そろそろ帰ろうか) 「居なくなる」からか? 飲んだ時,よく口にした友が懐かしい い いばしか 威勢(いせい)がいい,凄(すご)い 荒っぽい,いかついイメージ。 ヒンマグル,ヒッキャブル,ヒッタマガル等 ひ 引っかかりまんかかり 何度も引っ掛かりながら 「まんかかり」は語呂,「万掛かり(?)」 ヒッカカリマンカカリ読みよらす(何度も引っ掛かりながら読んでおられる) ひ ひっかんがす 引き抜く ソン杭ばヒッカンガシてハイヨ(その杭を引き抜いて下さい) ヒックァングァス,ヒンヌクとも ひ ひっきゃぶる 引き破る,引き裂く 障子ば張り替ゆるケン,ヒッキャブってヨカバイ(障子を張り替えるので,引き破っていいよ) 強意の接頭語ヒッ ひ ひっこぐ (根から)引き抜く ソコン草ば全部ヒッコイどってハイヨ(そこの草を全部根から引き抜いでおいて下さい) (投稿) ひ びっしゃぐ 潰(つぶ)す,ぺしゃんこにする 強調の接頭語「びっ」+動詞「シャグ(つぶす)」。 クセになるとよくないから、そういうのはやめるようにね」 「う……わかったわよ……」 「キミは本当はすごく優しいんだから、もっと素直になればいいのに……」 「う、うるさいわね!大きなお世話よ!」 先ほど同様漫才を繰り広げるふたりを見て、愛宕はニコニコ微笑んでいる。 ヒトモジのグルグル(ネギを小さく折って酢味噌をかけたもの,熊本の郷土料理) ひ 日のいちんち 一日中(昼間中) 日ノイチンチ遊(あす)どったテナ(一日中遊んでいたとのことですね) 日の一日(一日と言っても昼間中) ひ ひぼかす 乾燥させる,干す 魚を保存食にするために火にあぶって干物にすること。 (知らずに,思わず)失うことをウシタル う うしわくど ガマガエル,食用ガエル 牛のように大きな蛙を意味する。 本を読んでるの) は ばい だよ,~と思う(強調) いやバイ(嫌だよ) 「知っているのか」という気持ちが。 合釣(?)(投稿) か かってくる 借りてくる 「自転車ばカッテキタ」と言った場合,「買って来た」と間違えそうだが「買って来た」は「コウチキタ」 か がっぱり がっかり,気を落とす 試験ニ落チテ ガッパリしとらす(試験に落ちたのでがっかりして居られる) ガッパシとも か かつる,かてる 加える,仲間に入れる オドンたちもカテチはいよ(私たちも仲間に加えて下さい) ヨカばいカツルばいた(いいよ加えますよ) か かつるる 飢(う)える 昔はカツレとるモンが多かったそうだが,飽食時代の今では死語か。 やさしく撫でることを幼児語で「ナゼナゼ」,「頭ばナゼナゼしてあげるね」等と使用 な なたがま なた刃の鎌(かま) 厚くて幅も広い刃を持つ木を切る鎌。 セキレイ説も ひ びんた ほほ/頭,ひたい 球磨では頭「ビンタん良かばい」等と。 竿ントッパサキ(竿の先端),話んトッパサキばっかし聞イチ(話の端ばかり聞いて) と とっぺん てっぺん,頂上,先端 山んトッペン(山の頂上)。 「あんパンば下さい」は「あん入り」パンか?それとも「あの」パンなのか?(投稿) あ あんまし あまり,それほど 「あまり」の撥音化した「あんまり」が更に音変化。 漢字で「菜葉(?)」 な なはり ~なさい(敬意の助動詞) 自分より下位の者に対して用いるが「ナハリマッセ」とすると敬意度がかなり上がる な なはる ~なさる(敬意の助動詞) 食べよんナハル(食べておられる) 家に居んナハル(家に居られる) 自分より上位の者に対して使用 な なばんごつ とっても,大変 ナバンゴツきちー(大変きつい) マウゴツ,マゴ,ダゴを調べる中発見。 アトスザリしなっせ(前を向いたまま後ろに下がりなさい) あ あとぜき (ドア等を開けた)後閉め 「開けた戸は自分で閉める」が「アトゼキ!」の一言で。 いつデンよか(いつでも良い) 何デンかんデン(何でもかんでも) て でんなか 長持ちしない 「こんロウソクはデンナカね。 〉の意味で使う,「〈溺れる〉というのは,溺死体が〈ぱんぱんに膨れる〉様から派生した意味で,もともとは〈ふくれる〉という意味だろう」との投稿も え え 家,うち 古語「イヘ(家)」の音変化。 スラ話(事実と違う話) す すれーっと こっそりと/うとうと スレーット居らんごつナットル(いつの間にか居なくなっている) スレーットしとっタ(うとうとしていた) す ずんだれ だらしない人 しまりのない人物をさす。 ビッキンタンとも ひ ひこいち(彦一) 男性の名前 八代地方に伝わる民話「彦一とんち話」の主人公などの名前だが「肥後一」からという説も(投稿) ひ ひごける やせる,やせ細る ヤセヒゴケルとも。 ハヨ トバンカ(早く走れ) 阿蘇以外では「跳ぶ,飛ぶ」だけ と どべ びり,最下位 遅(オス)カネ まーたドベコスタイ(遅いね,またビリだよ) ドゴ,ドゴッペス,ドベコス,ドンベとも と どま くらいは,だけは お礼ドマ言うトカントいかんタイ(お礼くらいは言っておかねばいけないよ) ドミャとも と どまぐるる 戸惑う,混乱する/間違う わけが分からぬ状態に陥(おちい)る/人の道を間違う。 現在では死語 ね ねけ 辺り,そば そこんネケにゃナカかな(そこら辺りには無いの) (投稿) ニキ,ネキ,ニキャ,ネキャとも ね ねこぼく わら縄製の敷物 穀物などを天日干しに使用した厚めの稲わら製の敷物。 そこは改装してないわ、自前よぅ~」 「提督……流石にもう少ししっかりしていただかないと……」 「目線が露骨すぎるかも……」 「……(蔑むような視線)」 どうやら叢雲だけでなく、全員に彼の考えは読まれてしまっていたらしい。 「アサヅケ」と濁ることも あ あさっぱち 朝早く,朝っぱら 朝腹(あさはら,朝食前の空腹)から早朝を意味し,音変化してアサッパチ。.

  • コッテウシゃ 気ン荒かケン 危なかバイ(牡牛は気が荒いので危ないぞ) こ こっぱ餅 サツマイモ入り餅 コッパ(サツマイモを輪切りにして干したもの)をもち米に混ぜてついた餅。 あ あば 新品,新しいこと アータンくつぁ アバンごたるナ(あなたの靴は新品のようだね) 産毛のウブと関連は? あ あばかん たくさん,いっぱい イサッカ,イッピャ,オモサン,オオカ,グッサリ,シコタマ,ホーラツカ,ヨンニョ,「たくさん」を意味する熊本弁は多い あ あめがた 飴(あめ)玉 主に米のでんぷんを麦芽で糖化して作った昔ながらの硬い米飴(麦芽糖)だが,キャンディ全体もさす あ あやす 果物や汚れを)落す ンメばアヤシテはいよ(梅を落として下さい) 汚ればアヤシとって(汚れを落としておいて)アユル(落ちる) あ あゆる,あえる (果物や汚れが)落ちる 台風で栗のアエチしもた(台風で栗の実が落ちてしまった) 石鹸バ使わんとアエンばい(石鹸を使わないと落ちないよ) アヤス(落す) あ 荒くたましか 荒々しい,乱暴 動作・人物などが荒々しいこと。 ツッコケ(思わず転げ落ちる)が主,マンコケは語呂で取っ付けた(?) つ つっぴしゃぐ 押しつぶす フばツッピシャグと臭カばい(カメムシを押しつぶすと臭いよ) ツピシャグ,ツンピシャグとも つ つっぽぐ 穴をあける 「突きほがす」からか。 ソネクリカエルとも そ そる それ,そいつ ダルが ソルば イックァヤシたつナ? ソラ あっタイ(誰がそれを壊したの? それはあいつだよ) そ そろっと そっと,静かに,ゆっくり ここは病院バイ ソロット歩キナッセ(ここは病院だよ 静かに歩きなさい) ソーラットとも そ ぞろびく 引きずる,垂れ下がる 床に垂れ下がったまま引きずること。 既に死語? 捕獲する行為を指すことも,目白オトシは違法 お おとす 捕る,手に入れる 「落とす」の古語に「手に入れる」「自分のものにする」意味があるとのこと。 」等で「思ったより早く減ってしまう」ような意味も(宇土市の方より) と と 物,~のもの ソラ子供んト あたガつぁコル(それは子供の物 あなたの物はこれ) 直前の音によって「もの」を意味する語が「と」や「つ」に と と の,なの(疑問・断定の助詞) アタはパソコン同好会に入ったト?(貴方はパソコン同好会に入ったの?) とっとっト(とっているの) と ど でしょう,だろう 推測・質問等を表す助詞。.

.

  • .

  • .




2022 silencematters.newsriver.org